世界のコーチのOnline Magazin
COACHING WORLD

意見記事を書き、売り込む技術をマスターすること

コーチングの業界で専門家と見なされることと、コーチングをすることの価値は、あなたの事業にとって大きな利益をもたらす可能性があります。そのような名声を得るための一つの方法は、評判の良い出版物向けに、意見記事を創作することです。

意見投稿は、伝統的に印刷メディアでは社説ページと向き合った反対側、それゆえ簡略表現で「op-ed(特別記事面)」と呼ばれる面に掲載されます。一般的には、これらの記事は、その出版物には入っていないが、「オピニオンリーダー」としてその分野で認められた専門家から投稿されています。しばしば、その執筆者は、洞察に富み、知識に裏付けられた観点を共有している既成の資格を持った当該分野の専門家です。特別記事(op-ed)は、その話題への読者の関与とディスカッションを引き起こすために公開されます。これらの投稿記事は、通常編集者への手紙より長文で、ニュースに値する事柄への解説として、あるいはどこか別の場所で表明された意見に応えて提出されます。大抵の場合、それらは事実や、歴史的なデータや統計に裏付けられています。

この種の原稿を書き、掲載されることをマスターする真の技術とは、三つのキーとなる段階に他なりません。それは、著名な出版物の編集者によってどうやって知ってもらえるか、そしてさらにそれ以上のことなどのコツと共に、以下にリストされています。

事前準備をしましょう

あなたの意見記事を書き始める前に、最初にいくつかの出版物をリサーチして、通常そのウェブサイトに掲載されている意見記事提出のガイドラインを見直すことが大切です。このことは、あなたの投稿記事のフレームワークになり、採用される可能性を高めます。

正直言って、編集者たちは忙しいのです! 彼らは、あなたの投稿掲載に必要なことについて、事前にあなた自身が準備作業を終えていることを見たいのです。彼らはあなたの原稿を編集したり校正したり彼ら固有の基準や関心に合わせたりすることに、大きな時間を費やしたくないのです。それはあなたの仕事なのです。この仕事を完了するために、あなたは自分の意見投稿がその出版物の読者に合っているのか、編集日程に合っているのかを確認する必要があります。

あなたのメッセージやターゲットとしている顧客読者層に合っているトップ10の出版物リストを作成しましょう。そして、それぞれの出版社ガイドラインについて、あなたが見つけたことを、全て細部に至るまでまとめておきましょう。過去の意見投稿や、その出版物が一般的に対象とするトピックスを読むことに、時間を掛けましょう。この作業は、何が最後の決め手になるのかについて、あなたに良い感覚をもたらしてくれるでしょう。

完璧な売り込み用ミニプレゼンを仕上げましょう

原稿を提出する前に、編集者の興味を調べましょう。Eメールで、それはできます。メディアのメンバー宛に作るどんなEメールでも、常にその鍵は、短く、平易で、ポイントを突くことです。キャッチーでいて、65文字以下の主題文一文で、彼らの関心を掴みましょう。

あなたは、とりわけ意見投稿を売り込むことになるのですから、もしそれが既に書かれたものでなくとも、なぜそれが時宜を得ていて適切なのか、そして最終的に提案したいことは何か、自分の立場と見方の概要を提供して下さい。思い出して下さい。それは「意見」なのです。よって、あなた自身のものを述べることを忘れないように。

Eメールでミニプレゼンを行う目的は、なぜあなたの意見が彼らの読者層にとって重要なのかを編集者に確信させることなのです。仮想の表題文やあなたの視点、背後に潜む「なぜ」を提供して、絵を描きましょう。このセクションは、1パラグラフより長くてはいけません。

出版物に合わせてあなたのミニプレゼンを仕立て直すことも重要です。なぜあなたの意見が彼らにフィットするのかを言いなさい。他のどこにも提出されていなくて、以前に発表されていないことを言うのを忘れてはなりません。その原稿はその出版社にとって、独自で、特別な意味を持ち、面白いものでなくてはなりません。あなたの原稿の中で訴えたいポイントのいくつかに言及しなさい。

弾力性を持ちましょう

最終的にNOと言われても、がっかりしないで下さい。先程述べたように、複数の出版物を調べて、書く時にそれらのガイドラインを心に留めておきなさい。そうすれば、もしあなたが最初に売り込みをかけた出版物があなたの意見投稿を不採用としたとしても、柔軟に対応できます。前進を続けて早く立ち直りましょう。リストを見直して、次の出版物の編集者に合わせて、あなたのミニプレゼンを微調整しましょう。

もし、全く返事が貰えなかったら? チェックし直して何回かフォローすることがいいでしょう。典型的な成功経験から言うと、最低48時間待ってから連絡を取ってください。採択の返事を受けられるかどうかを知るのに、編集者に電話してみることもできます。

ご存知のように、人生のどんなことも、熟練の技を得るには練習が必要です。ですから、意見投稿を書いて、その売り込みプレゼンをするスキルを磨く機会を探し続けてください。コーチング業界は日々ますます強く成長していますし、あなたのコーチング専門職としての声も同様です。関連する観点や研究、そして如何にコーチングが大変多くの人々を助けてきたかを示す感謝状を共有することによって、意見投稿はコーチングの力を披露する大きな機会となることを忘れないで下さい。

私たちは、意見がソーシャルメディア上でふざけて共有されるような時代に生きていますが、あなたは、信頼できる出版物の中で自分の意見を守り、コーチング業界のリーダーとして地位を確立することで、他に抜きん出ることが可能です。

著者:メリッサ・ディメルキュリオ

メリッサ・ディメルキュリオ 氏は、ICFの記録の広報代理店であるスタントン・コミュニケーションズ社の上級経理マネジャーです。グローバルなメディア関係の奉仕や目標実現へのインフルエンサー、パートナーシップの共同制作を含む戦略的コミュニケーション計画の開発に10年以上の経験を持っています。メリッサはコーチになる為、現在ACCの資格取得に取り組んでいます。

Originally written in English by Melissa DiMercurio
Coaching World, July 2 2021, Mastering the Art of Writing and Pitching an Opinion Piece

https://coachingfederation.org/blog/writing-and-pitching-an-opinion-piece

翻訳:高山 博

CREATE AN INTERNATIONAL STANDARD OF COACHING

ICFジャパンの会員・パートナー様向けの情報提供メールから、会員・パートナー様限定情報を除いたICFジャパンからの情報をメールマガジン形式でお送りしています。