WHAT'S COACHING?
ICF CODE OF ETHICS
国際コーチ連盟の定める倫理規定

国際コーチ連盟(以下、ICF)の定める倫理規定は、5つのパートから構成されています。

The ICF Code of Ethics is composed of five Main Parts:



1. 前書き
INTRODUCTION

ICFの定める倫理規定は、ICFの核となる価値(ICFのコア・バリュー)、およびすべてのICFのコーチングのプロフェッショナルとしての振る舞いについて、倫理原則および倫理基準(定義を参照)について説明しています。

The ICF Code of Ethics describes the core values of the International Coach Federation (ICF Core Values), and ethical principles and ethical standards of behavior for all ICF Professionals (see definitions).


これらのICF倫理基準を満たすことは、ICFの核となるコーチングのコンピテンシー(ICFコア・コンピテンシー)の第一歩です。

Meeting these ICF ethical standards of behavior is the first of the ICF core coaching competencies (ICF Core Competencies).


それは「倫理に基づいた行動を示しています。言い換えれば、コーチングの倫理と基準を理解し、常に適用している」ということです。

That is “Demonstrates ethical practice: understands and consistently applies coaching ethics and standards.”


CF倫理規定は以下のようにICFの品位と世界標準のコーチングの専門性を維持しています。

ICFのコア・バリューと倫理原則に沿った行動基準の設定

倫理的考察、教育、および意思決定の指針の提示

「ICF倫理行動レビュー(ECR)」のプロセスを介してICFコーチとしての基準の判定と保持

ICF認定プログラムにおけるICF倫理トレーニングのための基礎の提供

The ICF Code of Ethics serves to uphold the integrity of ICF and the global coaching profession by:
• Setting standards of conduct consistent with ICF core values and ethical principles.
• Guiding ethical reflection, education, and decision-making
• Adjudicating and preserving ICF coach standards through the ICF Ethical Conduct Review (ECR) process
• Providing the basis for ICF ethics training in ICF-accredited programs


ICFの定める倫理規定は、自分自身をICFプロフェッショナルと表明している限り、コーチングに関連するあらゆる種類のやりとりにおいて適用されます。 これは、コーチングの関係(定義を参照)が確立されているかどうかに関わらず適用されるものとします。

The ICF Code of Ethics applies when ICF Professionals represent themselves as such, in any kind of coaching-related interaction. This is regardless of whether a coaching Relationship (see definitions) has been established.


この倫理規定は、コーチ、コーチスーパーバイザー、メンターコーチ、コーチングのトレーニング中のトレーナーや学習者として活動しているか、またはICFリーダーシップ(ICFの運営に携わっているボランティアコーチのリーダー)の役割を務めているICFプロフェッショナルに加えて、そのサポート要員(定義を参照)を含めた倫理的責任を明確にするものです。

This Code articulates the ethical obligations of ICF Professionals who are acting in their different roles as coach, coach supervisor, mentor coach, trainer or student coach-in-training, or serving in an ICF Leadership role, as well as Support Personnel (see definitions).


「倫理行動レビュー(ECR)」のプロセスは、「ICFプロフェッショナルとしての倫理誓約」(後述)と同じくICFプロフェッショナルにのみ適用されますが、ICFのスタッフも、ICFの定める倫理規定を実証している倫理的な行動および「コア・バリューおよび倫理原則」(後述)を守ることを約束しています。

Although the Ethical Conduct Review (ECR) process is only applicable to ICF Professionals, as is the Pledge, the ICF Staff are also committed to ethical conduct and the Core Values and Ethical Principles that underpin this ICF code of ethics.


倫理的にあろうとすれば、予期せぬ問題への対応、ジレンマの解消や問題の解決を必要とする状況に、否応無しに遭遇することになります。

The challenge of working ethically means that members will inevitably encounter situations that require responses to unexpected issues, resolution of dilemmas and solutions to problems.


この倫理規定は、倫理規範を遵守しようとする者に対して、考慮すべき様々な倫理的要因に目を向け、倫理的に振る舞うための選択肢を見出せるよう支援することを目的としています。

This Code of Ethics is intended to assist those persons subject to the Code by directing them to the variety of ethical factors that may need to be taken into consideration and helping to identify alternative ways of approaching ethical behavior.


倫理規定を受け入れるICFプロフェッショナルは、たとえ困難な決定を下したり、勇気を持って行動したりする場合においても、倫理的であるよう努めます。

ICF Professionals who accept the Code of Ethics strive to be ethical, even when doing so involves making difficult decisions or acting courageously.



2. 主要な定義
KEY DEFINITIONS

「クライアント」—コーチングを受けている個人やチーム/グループ、スーパーバイジングまたはメンタリングされているコーチ、あるいはトレーニングを受けているコーチや学習者

• “Client”—the individual or team/group being coached, the coach being mentored or supervised, or the coach or the student coach being trained.


「コーチング」—思考を刺激し続ける創造的なプロセスを通して、クライアントが自身の可能性を公私において最大化させるように、コーチとクライアントのパートナー関係を築くこと

• “Coaching”- partnering with Clients in a thought-provoking and creative process that inspires them to maximize their personal and professional potential.


「コーチングの関係性」—各当事者の責任と期待を定義する合意または契約に基づいて、ICFプロフェッショナルとクライアント/スポンサーによって確立される関係性

• “Coaching Relationship”—a relationship that is established by the ICF Professional and the Client(s)/Sponsor(s) under an agreement or a contract that defines the responsibilities and expectations of each party.


「規定」—ICFの定める倫理規定

• “Code”—ICF Code of Ethics

「守秘義務」—公開の同意が得られない限り、コーチングに関わる中で取得した情報を保護すること

• “Confidentiality”—protection of any information obtained around the coaching engagement unless consent to release is given.


「利益相反」—ICFプロフェッショナルが金銭的、個人的、またはその他に関わらず、複数の人の利害に関与している状況であり、ある利益に貢献すると別の利益に反する、または対立する場合があること

• “Conflict of Interest”—a situation in which an ICF Professional is involved in multiple interests where serving one interest could work against or be in conflict with another. This could be financial, personal or otherwise.


「平等」—人種、民族、出身国、肌の色、性別、性的志向、性の自己認知、年齢、宗教、在留資格、精神的または肉体的障害、およびその他、人による違いに関わらず、すべての人々が包摂を実感し、リソースおよび機会に繋がる権利が含まれている状況

• “Equality”—a situation in which all people experience inclusion, access to resources and opportunity, regardless of their race, ethnicity, national origin, color, gender, sexual orientation, gender identity, age, religion, immigration status, mental or physical disability, and other areas of human difference.


「ICFプロフェッショナル」—ICF本部会員またはICF資格保有者と称する個人。その役割は、コーチ、コーチングのスーパーバイザー、メンターコーチ、コーチトレーナー、およびコーチングの学習者を含むが、これらに限定するものではない

• “ICF Professional”—individuals who represent themselves as an ICF Member or ICF Credential-holder, in roles including but not limited to Coach, Coach Supervisor, Mentor Coach, Coach Trainer, and Student of Coaching


「ICFスタッフ」— ICFに代わって専門的な管理および管理サービスを提供する管理会社と契約しているICFサポート要員

• “ICF Staff”— the ICF support personnel who are contracted by the managing company that provides professional management and administrative services on behalf of ICF.


「社内コーチ」—組織に雇用されており、その組織の従業員をパートタイムまたはフルタイムでコーチする個人

• “Internal Coach”— an individual who is employed within an organization and coaches either part-time or full-time the employees of that organization.


「スポンサー」—提供されるコーチングサービスの料金を支払う、および/または設定または決定する存在(その代理者を含む)

• “Sponsor”—the entity (including its representatives) paying for and/or arranging or defining the coaching services to be provided.


「サポート要員」—ICFプロフェッショナルがクライアントをサポートするために働く人々

• “Support Personnel”—the people who work for ICF Professionals in support of their Clients.


「体系的平等」—それぞれの「コミュニティ、組織、国家、社会」において、倫理観、核となる価値観、政策、体制、文化において慣例となっている性別、人種、その他についての平等

• “Systemic equality”—gender equality, race equality and other forms of equality that are institutionalized in the ethics, core values, policies, structures, and cultures of “communities, organizations, nations and society“.



3.ICFのコア・バリューと倫理原則
ICF CORE VALUES AND ETHICAL PRINCIPLES

ICF倫理規定は、ICFコア・バリュー(下記)およびそれに由来する行動に基づいています。

The ICF Code of Ethics is based on the ICF Core Values (link) and the actions that flow from them.


すべてのバリューは等しく重要であり、支え合っています。

All values are equally important and support one another.


これらのバリューはICFの理想として意欲的なものであり、求められる基準を理解し解釈する際に使われるべきものです。

These values are aspirational and should be used as a way to understand and interpret the standards.


すべてのICFプロフェッショナルは、コミュニケーションの中でこれらのバリューを示し、広めることが期待されています。

All ICF Professionals are expected to showcase and propagate these Values in all their interactions.


コア・バリュー
Core Values

私たちは、信頼性、オープン性、受容性、一致性にコミットしており、ICFコミュニティのすべての部分が相互に責任を持ち、以下の価値を保持していると考えています。

We are committed to reliability, openness, acceptance and congruence and consider all parts of the ICF community mutually accountable to uphold the following values:


1. 品位:私たちはコーチングという専門職と私たちの組織に貢献すべく、最も高い水準を保持します。

1.Integrity: We uphold the highest standards both for the coaching profession and our organization.


2. 卓越性:プロのコーチングの品質、資格、能力に関する卓越性の基準を設定し、実証します。

2.Excellence: We set and demonstrate standards of excellence for professional coaching quality, qualification and competence.


3. 協働:協働的パートナー関係と共創の成果を通じて生じる社会的つながりとコミュニティの構築に価値を置いています。

3.Collaboration: We value the social connection and community building that occurs through collaborative partnership and co-created achievement.


4. 尊重:私たちは包括的であり、世界中の関係者の多様性と豊かさを大切にします。基準、ポリシー、品質を妥協することなく、私たちは人々を第一に考えています。

4.Respect: We are inclusive and value the diversity and richness of our global stakeholders. We put people first, without compromising standards, policies and quality.



4. 倫理基準
ETHICAL STANDARDS

次の倫理基準は、ICFプロフェッショナルの専門的活動に適用されます。

The following ethical standards are applied to the professional activities of ICF Professionals:


Section I – Responsibility to clients
第1節 クライアントへの責任

ICFプロフェッショナルとして、私は、

As an ICF Professional, I:


1. 初回または事前に、コーチングのクライアントとスポンサーに対し、コーチングとは何であり得られうる価値は何か、守秘義務とは何で何が制限されるか、金銭的な取り決めやコーチング契約のその他の条件について説明し、その理解を確実にします。

1.Explain and ensure that, prior to or at the initial meeting, my coaching Client(s) and Sponsor(s) understand the nature and potential value of coaching, the nature and limits of confidentiality, financial arrangements, and any other terms of the coaching agreement.


2. サービスを開始する前に、クライアントとスポンサーを含むすべての関係者の役割、責任、権利に関する合意/契約を作成します。

2.Create an agreement/contract regarding the roles, responsibilities and rights of all parties involved with my Client(s) and Sponsor(s) prior to the commencement of services.


3. 合意されたとおりに、すべての関係者との間で最も厳しいレベルの守秘義務を維持します。 私は、個人データおよび通信に関連するすべてに適用される法律を認識し、それらに従うことに同意します。

3.Maintain the strictest levels of confidentiality with all parties as agreed upon. I am aware of and agree to comply with all applicable laws that pertain to personal data and communications.


4. すべてのコーチングのやりとりの中で、関係するすべての関係者間で情報が交換される方法について、明確に理解を得ます。

4.Have a clear understanding about how information is exchanged among all parties involved during all coaching interactions.


5. 情報が秘密にされない条件(例えば、違法行為、有効な裁判所命令または召喚状に基づいて求められた場合、または本人や他の人に危害が及ぶリスクが明らかにある、あるいはありそうな場合、等)について、クライアントとスポンサーまたは利害関係者の理解を確実にします。上記の状況のいずれかが当てはまると合理的に確信が得られた場合、適切な当局に通知せざるを得ないことがあります。

5.Have a clear understanding with both Clients and Sponsors or interested parties about the conditions under which information will not be kept confidential (e.g., illegal activity, if required by law, pursuant to valid court order or subpoena; imminent or likely risk of danger to self or to others; etc.). Where I reasonably believe one of the above circumstances is applicable, I may need to inform appropriate authorities.


6. 社内コーチとして活動する際は、コーチングの合意から継続的な対話を継続する中で、コーチングのクライアントおよびスポンサーとの利益相反または潜在的な利益相反を制御します。 これには、組織内での役割、責任、関係性、社内記録、社内機密、およびその他の報告義務への対応が含まれる必要があります。

6.When working as an Internal Coach, manage conflicts of interest or potential conflicts of interest with my coaching Clients and Sponsor(s) through coaching agreement(s) and ongoing dialogue. This should include addressing organizational roles, responsibilities, relationships, records, confidentiality and other reporting requirements.


7. 業務上でのやりとりで作成された電子ファイルや通信などを含むいかなる記録も、守秘義務、セキュリティ、プライバシーの保護を促しつつ、適用される法律や契約を遵守する形で保持、保存、破棄します。さらに、コーチングサービス(テクノロジーを利用したコーチングサービス)で使用される新しいまたは発展途上の技術については適切に使用し、さまざまな倫理基準がどのように適用されるかを認識しています。

7.Maintain, store and dispose of any records, including electronic files and communications, created during my professionals in a manner that promotes confidentiality, security and privacy and complies with any applicable laws and agreements.
Furthermore, I seek to make proper use of emerging and growing technological developments that are being used in coaching services (technology-assisted coaching services) and be aware how various ethical standards apply to them.


8. コーチングの関係性が生み出している価値が変化する兆候に注意を払い続けます。その場合、関係を変更するか、クライアント/スポンサーに別のコーチを探す、別の専門家を探す、または別のリソースを使用するように勧めます。

8.Remain alert to indications that there might be a shift in the value received from the coaching relationship. If so, make a change in the relationship or encourage the Client(s)/Sponsor(s) to seek another coach, seek another professional or use a different resource.


9. 合意書の条項に従い、コーチングのプロセスのどの時点において、どのような理由であっても、コーチングの関係を終了しようとするすべての当事者の権利を尊重します。

9.Respect all parties’ right to terminate the coaching relationship at any point for any reason during the coaching process subject to the provisions of the agreement.


10. 利益相反の状況を回避するために、同じクライアントやスポンサーと複数の契約と関係を同時に持つことについて、細心の注意を払います。

10.Am sensitive to the implications of having multiple contracts and relationships with the same Client(s) and Sponsor(s) at the same time in order to avoid conflict of interest situations.


11. 文化的、関係性的、心理的、文脈的な事柄から生じうる、クライアントとの力関係や立場の違いを認識し、能動的に調整に努めます。

11.Am aware of and actively manage any power or status difference between the Client and me that may be caused by cultural, relational, psychological or contextual issues.


12. クライアントを第三者に紹介することで得られ得る報酬、および得られるその他の利益をクライアントに対して開示します。

12.Disclose to my Clients the potential receipt of compensation, and other benefits I may receive for referring my Clients to third parties.


13. どのような関係性においても、合意された報酬の量や形態に関わらず、一貫したコーチングの品質を保証します。

13.Assure consistent quality of coaching regardless of the amount or form of agreed compensation in any relationship.



Section II – Responsibility to practice and performance
第2節 実践と遂行に対する責任

ICFプロフェッショナルとして、私は、

As an ICF Professional, I:


14. すべてのやりとりにおいて、ICF倫理規定を遵守します。自ら倫理規定違反の可能性に気付いた際、または別のICFプロフェッショナルの非倫理的な行動を認識した際は、関係者に配慮して問題を提起します。それで問題が解決しない場合は、解決のために正式な当局(ICF Globalなど)に照会します。

14. Adhere to the ICF Code of Ethics in all my interactions. When I become aware of a possible breach of the Code by myself or I recognize unethical behavior in another ICF Professional, I respectfully raise the matter with those involved. If this does not resolve the matter, I refer it to a formal authority (e.g., ICF Global) for resolution.


15. すべてのサポート要員担当者に対し、ICF倫理規定の遵守を要求します。

15.Require adherence to the ICF Code of Ethics by all Support Personnel.


16. 常に最高品質を約束するために、個人的、専門的、および倫理的な開発を継続します。

16.Commit to excellence through continued personal, professional and ethical development.

17. コーチングの遂行またはプロフェッショナルとしてのコーチングの関係性を毀損し、軋轢を生み、妨害する可能性のある個人的な制約や状況を認識します。採られるべき行動を決定するための援助を求め、必要に応じて、関連する専門家の指導を速やかに求めます。これには、コーチングの関係性の中断または終了が含まれる場合があります。

17. Recognize my personal limitations or circumstances that may impair, conflict with or interfere with my coaching performance or my professional coaching relationships. I will reach out for support to determine the action to be taken and, if necessary, promptly seek relevant professional guidance. This may include suspending or terminating my coaching relationship(s).


18. 利益相反または潜在的な利益相反について、関係者と共に問題に向き合う、専門家の支援を求めるか、一時的に中断するか、あるいは専門的な関係を終了するなどにより解決します。

18.Resolve any conflict of interest or potential conflict of interest by working through the issue with relevant parties, seeking professional assistance, or suspending temporarily or ending the professional relationship.


19. ICF本部会員のプライバシーを維持し、ICFまたはICF本部会員によって許可されている場合にのみ、ICF本部会員の連絡先情報(電子メールアドレス、電話番号など)を使用します。

19.Maintain the privacy of ICF Members and use the ICF Member contact information (email addresses, telephone numbers, and so on) only as authorized by ICF or the ICF Member.


Section III – Responsibility to professionalism
第3節 プロフェッショナルとしての責任

ICFプロフェッショナルとして、私は、

As an ICF Professional, I:


20. 自身のコーチングの技能、コーチングの能力レベル、専門性知識、経験、トレーニング、認定、ICF資格を正確に認識します。

20.Identify accurately my coaching qualifications, my level of coaching competency, expertise, experience, training, certifications and ICF Credentials.


21. ICFプロフェッショナルとして提供するもの、ICFから提供されるもの、コーチングという職業の専門性について、およびコーチングから得られうる価値について、正しく的確に口頭で伝え、文書を作成します。

21.Make verbal and written statements that are true and accurate about what I offer as an ICF Professional, what is offered by ICF, the coaching profession, and the potential value of coaching.


22. この規定によって定められた倫理的責任について通知されるべき人々に伝達し、認識させます。

22.Communicate and create awareness with those who need to be informed of the ethical responsibilities established by this Code.


23. 物理的あるいはその他のやりとりに影響を与える境界線に留意し、明瞭で適切かつ文化的相違に配慮して設定する責任を持ちます。

23.Hold responsibility for being aware of and setting clear, appropriate and culturally sensitive boundaries that govern interactions, physical or otherwise.


24. クライアントまたはスポンサーと性的または恋愛関係を持ちません。私は関係性に適した親密さのレベルを常に意識します。そのような問題については対処するか、もしくは契約関係を取りやめるために適切な措置を講じます。

24.Do not participate in any sexual or romantic engagement with Client(s) or Sponsor(s). I will be ever mindful of the level of intimacy appropriate for the relationship. I take the appropriate action to address the issue or cancel the engagement.


Section IV – Responsibility to society
第4節 社会的責任

ICFプロフェッショナルとして、私は、

As an ICF Professional, I:


25. 現地の規則と文化的慣行を尊重しつつ、すべての活動と業務において公正と平等を維持することにより、差別を回避します。これには、年齢、人種、性別の表現、民族性、性的指向、宗教、出身国、障害または軍事的地位に基づく差別が含まれますが、これらだけに限定されるものではありません。

25.Avoid discrimination by maintaining fairness and equality in all activities and operations, while respecting local rules and cultural practices. This includes, but is not limited to, discrimination on the basis of age, race, gender expression, ethnicity, sexual orientation, religion, national origin, disability or military status.


26. 他者の貢献と知的財産を認識、尊重し、自らの知財の所有権のみを主張します。 この基準に違反すると、第三者による法的制裁を受ける可能性があることを理解しています。

26.Recognize and honor the contributions and intellectual property of others, only claiming ownership of my own material. I understand that a breach of this standard may subject me to legal remedy by a third party.


27. 研究を実施および報告する際には、誠実さを持ち、実証された科学的、該当する研究対象のガイドライン、自身の能力の範囲内で行います。

27.Am honest and work within recognized scientific standards, applicable subject guidelines and boundaries of my competence when conducting and reporting research.


28. 私自身とクライアントが社会に与える影響を認識しています。 私は「善を行い悪を避ける」という信条を守ります。

28.Am aware of my and my clients’ impact on society. I adhere to the philosophy of “doing good,” versus “avoiding bad.”



5. ICFプロフェッショナルとしての倫理誓約
THE PLEDGE OF ETHICS OF THE ICF PROFESSIONAL:

ICFプロフェッショナルとして、ICF倫理規定の基準に従い、コーチングのクライアント、スポンサー、同業者、そして社会全体に対して、倫理的および法的義務を果たすことに同意します。

As an ICF Professional, in accordance with the Standards of the ICF Code of Ethics, I acknowledge and agree to fulfill my ethical and legal obligations to my coaching Client(s), Sponsor(s), colleagues and to the public at large.


ICF倫理規定の一部にでも違反した場合、私の責任については、ICFの独自の裁量に委ねることに同意します。

If I breach any part of the ICF Code of Ethics, I agree that the ICF in its sole discretion may hold me accountable for so doing.


さらに、違反に伴いICFに対して発生する私の責任には、ICFにおける会員資格や認定資格の剥奪などの制裁が含まれることに同意します。

I further agree that my accountability to the ICF for any breach may include sanctions, such as mandatory additional coach training or other education or loss of my ICF Membership and/or my ICF Credentials.



「ICF倫理行動レビュー(ECR)」のプロセスの詳細について(苦情を申し立てるためのリンクを含む)は、こちらをクリックしてください。

For more information on the Ethical Conduct Review Process including the links to file a complaint, please click here.



Adopted by the ICF Global Board of Directors September 2019
2019年9月ICF理事会にて採択





» 2020年以前の倫理規定についてはこちら(PDF)


CREATE AN INTERNATIONAL STANDARD OF COACHING

ICFジャパンの会員・パートナー様向けの情報提供メールから、会員・パートナー様限定情報を除いたICFジャパンからの情報をメールマガジン形式でお送りしています。