世界のコーチのOnline Magazin
COACHING WORLD

バーチャル空間で安全と信頼を確立する

私はバーチャルスクールでコーチングを学びました。最初、リモートでのコーチングが対面と同じように効果的なのか疑っていましたが、すぐにそれは間違いだとわかりました。実際私は、対面でのコーチングよりバーチャルの方がクライアントの気持ちに寄り添うことができたのです。

バーチャルでの成功の鍵は、良い質問ができるかということではありませんでした。どうやって早く信頼と安心を築けるか、それにかかっているということを私はすぐに学びました。バーチャルでも対面でも、人は、心理的な安心安全を感じないと心の中を話すことができません。自分が話したことをジャッジされない、と感じなくてはなりません。彼らは、あなたの意図が役に立つものであって、あなたや他の人たちが思うような方向に信じさせたり行動させたりするわけではないと信じているのです。

オンラインであっても、あなたと相手の間にある関係性の場は十分感じることができ、パワフルです。信頼と安心を育むことができたら、自分自身をプロテクトして守る必要が抑えられ、探究し、変化を起こす最適なコンディションが整います。オンラインでの会話の効果は、注意深く選んだ言葉よりも、あなたのプレゼンスの質にかかっているのです。

こちらは、リモートで仕事をする時に安心と信頼を確立するのに役立つ8つのヒントです。

1) 画面や電話のむこうと繋がることについての思い込みにチャレンジする

プレゼンスとエモーショナル・インテリジェンス(感情的知性)の原則のほとんどは、会話のプラットフォームに関係なく適用されます。心地よい繋がりを築くためには、あらゆる緊張をほぐし、“好奇心や気遣い”などのような感じたい感情とともに呼吸し、相手が多才でリソースフルな人として尊重することを忘れないでください。

2) 会話をするために、快適で、静かで、視覚的にも望ましい場所を確保しましょう

電話やメールの着信、部屋の外で起きていることになどに気が散らないようにする必要があります。あなたのワークスペースが見えてしまうなら、散らかっていないかを確認し、綺麗にしてください。そこはあなたのプロフェッショナルなイメージを反映したものであるべきです。コミュニケーションの防げにならないように、十分な電源と帯域を確保しましょう。

3) セルフ・アウェアネス(自己認識)を高める

何が起きたとしても、あなたの発するエネルギーは対話の成功に重要なものです。会話を包む全体の中で、感情やエネルギーを調整し、その場にとどまり、繋がりを保つ必要があります。彼らのストーリーや混乱に巻き込まれないようにしてください。非反応的な共感を用い、勇気ある安定性を維持しながら受容的であり、思いやりを持ち続けましょう。

4) 始める前に、相手の個人的な状態に興味を持つ

相手が今、どんな状態にいるのかを尋ねてみましょう。
会話の準備ができているのか、それともプロジェクトやライフイベントが気になっているのか、もし何か気がかりがあるなら会話に入るために何が必要か、を尋ねます。もし相手があなたと共にいることを選んだなら、話すスペースと、焦点を移動させる時間を取りましょう。

5) 自分の言葉を耳できいてもらうために反映の言葉を使う

反映は、考えを整理する助けになるだけではなく、コーチが相手のワードを用いることで自分をしっかり見てもらえ、聞かれ、大切にされていると感じることができます。聞こえてきた言葉や気付いた感情表現を反映するには、要約や言い換えを使うこともできます。「あなたが言ったのは…、」「…の時、あなたは静かに(または大声に)なりました」「最も重要なように思われるのは…」などと始めると良いでしょう。

6) 問題ではなく、チャレンジを聴く

抱えている問題よりも、取り組みたいチャレンジについて話す方が会話が進むことでしょう。そして、そのチャレンジがなくなったらどうなるかを尋ね、そのチャレンジを軽くしたり無くしたりするために何ができるかなどとコーチングをします。

7) より深く聴く

あなたの好奇心を育てましょう。相手が使っている言葉の意味を尋ねたり、話されていないこと発見できるように、声のトーンや表情の変化に気づき、口にします。今についての信念の有用性や、将来の仮定について考察することを助けます。これは、次のベストな一歩を選択するのに役立ちます。

8) 文化の違いを意識する

フィリップ・ロシンスキーは著書『Coaching Across Cultures』で「文化は、目に見えるもの(行動、言語、人工物)と目に見えないもの(規範、価値観、基本的な仮定や信念)の両方が含まれる」と言っています。人が置かれている状況を知ることは、安全な、敬意を持った関係を作る助けになるでしょう。

著者:マーシャ・レイノルズ(PsyD, MCC)

マーシャ・レイノルズは、会話を通して変革を呼び覚ます方法についての世界的に有名な専門家であり、ICFの元グローバルボードチェア。ノースカロライナ州のヘルスケア・コーチング・インスティテュートのトレーニング・ディレクター。中国・ロシア・フィリピンにおいてコーチングスクールの講師。41の国で講演、ワークショップを実施している。「Global Gurus」では世界第5位のコーチとされている。著書『Wander Woman』、『Outsmart Your Brain』、『The Discomfort Zone』、最新作『Coach the Person, Not the Problem』など。詳しくはwww.Covisioning.com(https://covisioning.com/)

※ 本ブログで紹介されているゲスト投稿で述べられている見解や意見は、著者のものであり、必ずしも国際コーチ連盟(ICF)の見解や意見を反映するものではありません。ICFブログにゲスト投稿を掲載することは、著者が提供する製品やサービスをICFが推奨または保証するものではありません。

Originally written in English by Marcia Reynolds, PsyD, MCC
Coaching World, April 16 2020, Establishing a Safe and Trusting Connection in a Virtual World

https://coachingfederation.org/blog/safety-and-trust-in-virtual-world

翻訳:栂村雅美

Disclaimer: This article was approved by ICF for translation and was translated by a Japanese translator hired by ICF Japan Chapter. The original article of this translation was written in English for ICF Coaching World. Please note that ICF and ICF Japan Chapter do not take any responsibility for any potential errors or mistakes in the translation. For clarity of the content, please refer to the original version on the ICF website at https://coachingfederation.org/blog

CREATE AN INTERNATIONAL STANDARD OF COACHING

ICFジャパンの会員・パートナー様向けの情報提供メールから、会員・パートナー様限定情報を除いたICFジャパンからの情報をメールマガジン形式でお送りしています。