世界のコーチのOnline Magazin
COACHING WORLD

コーチとして、オンラインコースで変革をもたらす5つのステップ

1ON1のコーチングセッションが持つパワフルな変化と魔法を失うことなく、年間何百もの人に影響を与えたいと思いますか?

もし答えが「イエス」なら、あなたのするべきことはオンラインコースを作ることです。

オンライン・コースは、あなたのスキルとエネルギーをオンライン体験に映しかえる方法を見つけさえすれば、どんなタイプのコーチにも有効です。以下の5つの簡単なステップで、あなたの初めての(あるいは2つ目の)変革をもたらすオンライン・コーチング・コースを作ってみましょう。

ステップ1:マインドセットを明快にする

ほとんどの場合、この試みを始めようとする時あなたは、熱意と同時に「オンラインコースなんてうまくいかない」「誰にこのコースを教えればいいのだろう?」「誰も買ってくれないのではないか」などの考えも持つことでしょう。よく知られているインポスター症候群(成功した人が自分の能力に自信を持てず、自分は本当はそんなに評価されるほど有能ではないのに人を騙しているのではないか、いつかそれが暴かれるのではないかと不安になる心理状態)が、私たちの心の中で懸命に働いているのです。

まず第一に、これらのネガティブな信念を取り除き、正しいマインドセットを手に入れましょう。明快なマインドセットを達成するということは、あなた自身が、コーチとしての目的や、そもそもコースを作りたい理由と深いレベルで(精神的、感情的、そしてスピリチュアルに)つながっていることを意味します。

ビジネスを成長させることだけが目的ではありません。それは、より深い目的のためです。この明快なマインドセットを明らかにし、それに従うことで、群を抜く変革型コーチングコースを構築するために必要な情熱とモチベーションを得ることができるのです。

ステップ2:正しい質問をする

さて、正しいマインドセットができたら、次は正しい質問をしましょう。

時間をかけて、このオンラインコースを作るための基盤と目的を見つけてください。次の2つの質問を自分に投げかけてみてください。

  • このコースは私のビジネスエコシステムのどこに位置づけられるのか?
  • このコースは誰のためのものか?

答えを見つけるには時間とエネルギーがかかるかもしれませんが、その答えはあなたに、コースを構築するために必要な明確さと方向性を与えてくれるでしょう。また、これらの質問は、あなたのコースが何を目的としているのか、クライアントにどのような望ましい結果をもたらすのかを定義するのに役立ちます。

ステップ3:理想のコース構成のアウトラインを作る

次のステップでは、コースをどのように提供するかを決めていきます。2つの大きなカテゴリーから選びましょう。

ディープ・ドライブは経験豊富なコーチに最適で特定の専門トピックに集中できる自信がある場合に、あなた独自のコースの一部として利用するとよいでしょう。

ミニ・オファーリングは、もう少し短く、1つの特定のトピックに焦点を当てますが、それでも大きな変革の結果を生み出すことができます。このタイプのオファーはシンプルなので、クライアントが「消化」して体験しやすく、その結果、コースに求める結果も達成しやすくなります。

あなたとクライアントに最適な方を選んでください。

ステップ4:変革をもたらすコンテンツを創り出す

何を教えるのか、どうやってコンテンツを作るのかを考えるのは、楽しみでもあり、不安でもあります。伝えたい情報が多すぎて、メッセージの核心から離れてしまうかもしれません。だからこそ、次の2つのシンプルなステップを踏むことをお勧めします。

何を教えるのかを明確にしましょう。膨大なトピックに沿ってコースを展開するのではなく、集中したい特定のトピックだけに集中させましょう。

コンテンツを書いてみましょう。そうすると、魔法が起きます! コンテンツを書くということは、あなたのコーチングスキルのパワーを、生徒が従うことのできるオンラインコースに変換し、生徒を変容へと導くことを意味します。コンテンツを作成するのに最適な方法は、ムーンウォーク・プロセスを用いることです。達成したい成果から始めて、スタート地点に到達するまでひとつひとつ段階的に、逆算してコースを作り上げていきましょう。

ステップ5:エンゲージメントの構築

さて、あなたはオンラインコースを完成させ、公開し、すでに最初の受講者を獲得しました。おめでとうございます! では、次は何をすればいいでしょうか? オンラインコースの運営を開始したら、クライアント(受講者)がコースに積極的に参加し、テクニックや学びを活用していきたいと思っているかを確認する必要があります。

エンゲージメントを高めるには、Facebookのようなオンラインプラットフォームでコミュニティグループを作り、コースのメンバーがコースを受講しながら質問できるようにするのがよいでしょう。このグループでは、コースに参加しているメンバーが質問をすることができ、あなたもメンバーと交流することができます。

オンライン・コーチング・コースは、適切な要素を配置し、変革をもたらす体験を作り出せば、あなたのクライアントにとって、1対1のセッションやグループ・コーチングと同じくらいパワフルなものになるのです!

著者:アジット・ナワルカ

アジット・ナワルカは、マインドバレー・アンド・グローバル・グリット・インスティチュートによるエバーコーチ(https://www.evercoach.com/)の共同創設者です。また彼は、『Live Big』、『The Book of Coaching』、『Business Book of Coaching』の著者でもあります。https://www.evercoach.com/coaching-guidesにもお役立ち情報があります。3ステップ・コーチング・ストラクチャーについてはhttps://www.evercoach.com/ultimate-guide-to-transformational-coaching-sessions/coaching-session-structureへ。

Originally written in English by Ajit Nawalkha
Coaching World, March 22, 2021, 5 Steps to Create Transformation through Online Courses as a Coach

https://coachingfederation.org/blog/5-steps-for-transformational-online-coaching

翻訳:牧野内正雪

CREATE AN INTERNATIONAL STANDARD OF COACHING

ICFジャパンの会員・パートナー様向けの情報提供メールから、会員・パートナー様限定情報を除いたICFジャパンからの情報をメールマガジン形式でお送りしています。