世界のコーチのOnline Magazin
COACHING WORLD

今この瞬間、クライアントがあなたから最も必要としていることは何ですか?

世界的なCOVID-19パンデミックが各国でビジネスを揺るがす中、多くのコーチがクライアントをサポートし、サービスを提供する人々に付加価値を与え続ける方法を模索しています。バーチャル・ラーニングを導入しているコーチもいれば、無料または割引のコーチング・セッションを提供しているコーチもいます。このような戦略は一見理にかなっているように見えるかもしれませんが、逆効果になることもあります。

あなたのクライアントを助ける最善の方法は、彼らが今何を必要としているのかを正確に理解することです。これは、私たちが今直面している前例のない状況下に限らず、どのような時にも共通する、優れたコーチングの原則です。 クライアントがいる場所に会いに行くこと、自分の視点ではなく、コーチの視点ではなくクライアント本人の視点から状況を理解すること、そして、問題の解決者ではなく、思考のパートナーとしてサービスを提供することは、すべてコーチングの基礎となるスキルです。

これらのスキルと、クライアントを助けたいという純粋な欲求を組み合わせれば、相手になぜ今、私たちが必要なのかを納得させることに時間を費やす必要はありません。代わりに、こう問いかけましょう。「今、あなたが最も必要としていることは何ですか?」

現在のコーチとしての自分から、医療システムの人事部長としての以前の自分へと頭を切り替えながらこの質問について考える内に、多くのコーチが、無料のコーチングやバーチャル・サービスで、クライアントが本当に必要としていることを勘違いしてしまっていることに気がつきました。

では、コーチは何をすればいいのでしょうか?

この質問をしてください。「今、あなたが最も必要としていることは何ですか?」 
その際に下記の「するべきこと」と「してはいけないこと」に留意するようにしましょう。

するべきこと

  • クライアントのためのサポートを提供しましょう。あなたが深い関係を持っている長年のクライアントであっても、今は沈黙しているかもしれません。しかし彼らはあなたを無視していません。彼らは私たちのほとんどが経験したことがない方法で忙しくしています。
  • 全てのリソースを、条件付きではなく、変更可能な状態で提供します。中規模および大規模な組織には、生産性を維持し付加価値を高めるために、組織独自の学習や開発チームがあります。彼らは従業員のために独自の学習の仕組みを構築している可能性が高く、あなたの教材は役に立つかもしれませんが、それ単体ではうまくいかないかもしれません。
  • パンデミックはいずれ過去のものになり、人生がゆっくりと良い方向に変化する日が来ることを覚えておいてください。パンデミックは、ビジネスパートナーが時間をかけてクライアントの個別のニーズ(例えそれが、ただ少し余裕が欲しいというだけのものだったとしても)を理解し、感謝し、それに応えるためのいい機会になるはずです。

してはいけないこと

  • クライアントにとって、コーチングを組織の重要なニーズに反映することは、コーチングそのものと同じぐらい価値のあることだと理解せず、受け入れないこと。
  • 「在宅ワーク」とは、シンプルに、テクノロジーの活用法を理解することだと考えてください。今からは、「在宅ワーク」とは、今までの意味に加えて、愛する人のニーズと両立し、複数のハット(帽子)を使い分け、急速に変化する優先順位に対応することを意味しています。 また、クライアントが自分のスケジュールをコントロールしにくくなり、コーチングのアポイントメントやバーチャルワークショップにコミットすることができないことを意味する場合もあります。
  • セラピーとコーチングの間の一線を越えてください。 クライアントが極度の不安や落ち込み、絶望感について話しているときは、メンタルヘルスの専門家を紹介する必要があります。特にこの前例のない状況では、ストレスが単なるストレスだと考えたり、より深い問題の兆候に気づかないことで、知らないうちに専門家の境界線を越えてしまうことがあります。

個人や企業が大規模な変化に対応し、見通しが効かない環境の中で的確な判断を下し、非日常的な状況下で効果的に業務を遂行するために、コーチングが大きな価値を持っていることは間違いありません。しかし、COVID-19の環境下では、コーチングの優先度は、急速に変化する他の多くの優先事項と競合しています。クライアントの知恵を尊重し、クライアントが今、私たちから何を必要としているかを理解することで、最大の価値を提供することができることでしょう。

著者:リリアン・ルブラン、PCC

リラン・ルブラン、PCC(http://www.linkedin.com/in/lillianleblanc)はIbis Coaching, LLC の社長。ヒューマンリソースと組織文化について数十年の経験を積んだ、認定コーチでもある。また、国際コーチ連盟で新しく作られたコーチング・イン・オーガナイゼーション・ボードに、グローバル・ボード・メンバーと秘書/会計として従事している。この新しい組織の詳細についてはこちら(https://coachfederation.org/leadership)。

Originally written in English by Lillian LeBlanc
Coaching World, April 24, 2020, What Your Client Needs from You Right Now


https://coachfederation.org/blog/what-clients-need-right-now

翻訳:牧野内正雪

Related Post

CREATE AN INTERNATIONAL STANDARD OF COACHING

ICFジャパンの会員・パートナー様向けの情報提供メールから、会員・パートナー様限定情報を除いたICFジャパンからの情報をメールマガジン形式でお送りしています。