世界のコーチのOnline Magazin
COACHING WORLD

新年に抱負を語る? いや、まだ早い。

新年です! あなたは机に座り、良い一年になるようにゴールリストを書き始めるでしょう。そう、いつもそうしているように。しかし、ティム・ボノ(セントルイス・ワシントン大学の心理学/脳科学講師)によると、新年はあなたの抱負を語るタイミングではありません。それは春です。

なぜ1月ではないのでしょう?

ボノによると、例えばもしあなたが北半球に住んでいるなら、厳しい気候、疲労、日光不足、風邪やインフルエンザなど、ゴールへ向かう道のりを厳しくする要因があります。さらに言うと最もチャレンジングな障害は、冬の日の短さでしょう。
調査によると、天気や日光が人の気分や感情に影響を及ぼすと言われています。朝、仕事に行くときにまだ外は暗くありませんか?仕事を終えて帰宅した時、暗くありませんか?太陽の光を浴びることが足りないのは、あなたのウェルビーイングや気力に影響していませんか?ボノによると、それはよくあり得ることで、変化の可能性や新しいゴールの達成に影響を与えると言います。

春こそが抱負を語るに良い季節です。それは新しい始まりの季節であり、モチベーションをあげてくれます。「1月に植物の種を撒かないのと同じ理由です。」とボノは言います。「全ての行動を環境に合わせることで行動を促進する可能性が最大になり、大きく成長し、発達するのです。」とボノは春への変更を迷わず行うようにも促しています。

あなたは、新年にゴール設定をするようにクライアントに言っていますか?元日にセッティングしたゴールへを達成しようと苦労しているクライアントに、季節が良い作用を及ぼすかどうか見てみてください。それぞれクライアントにとって何がベストかを見つけ、同様に自分自身のパーソナルプランも作成しましょう。「数か月延期しても何の問題もありません。環境があなたの前に進む手助けになりうる時期に、トライしましょう。」

さて、あけましておめでとうございます。一息ついて、コーヒーを手にリラックスして春の訪れを待ちましょう。

著者:タイラー・パーカー

タイラー・パーカーはICFのコミュニケーション及びコミュニティエンゲージメントコーディネーターです。ケンタッキー大学で放送ジャーナリズムの学士号を取得し、副専攻は政治学です。公共機関や非営利機関、新聞雑誌ジャーナリズムの素晴らしい世界で豊富な経験があります。また、Alpha Kappa Alpha Sororityのケンタッキー州地域学部クラスターコーディネーターのポジションにおいてチャプター連携の経験を積んでいます。

Originally written in English by Tyler Parker
Coaching World, January 28,2020, Resolution Season? Nope, Not Yet.

https://coachfederation.org/blog/resolution-season-nope-not-yet

翻訳:栂村雅美

CREATE AN INTERNATIONAL STANDARD OF COACHING

ICFジャパンの会員・パートナー様向けの情報提供メールから、会員・パートナー様限定情報を除いたICFジャパンからの情報をメールマガジン形式でお送りしています。