【ICFジャパン主催】 コーチング・コンバージ2019 in Japan

ーコーチングに興味のある方なら、どなたでもご参加いただけるイベントです。講演にはすべて日本語通訳がつきますー

今年も11月16日(土)にコーチングの祭典、コーチング・コンバージ2019 in Japanを開催いたします。
今年のテーマは、「AI時代におけるコーチングの真価とは」です。
テクノロジーの進化はコーチング自体にも大きな影響を与えています。また最近はAI(人工知能)を活用したモノやサービスも現れ始め、コーチングにもAIが取り入れられ始めています。

こうしたテクノロジーの進化について、みなさんはどのようにお考えでしょうか?コーチングに更なる可能性をもたらすでしょうか?それとも、対人での支援はもう不要になるのでしょうか??

今回は、テクノロジーの進化にともなってコーチングはどうなっていくのか、コーチはどうしていくべきなのかを参加者の皆様と考えたいと思います。

当日は、ゲストをお二人お招きしております。

一人目はマイクロラーニングの会社である、UMU(ユーム)の創業者/CEOである、ドングショー・リー氏です。AIやテクノロジーに造詣の深いリー氏からAI時代のコーチングについて講演いだだき、会場でディスカッションを行います。

二人目は国際コーチ連盟アジアパシフィック地域のリージョナル・ストラテジック・ディレクターであるフィオナ・トイ氏です。ICFのディレクターとして活躍する彼女から、ICFインターナショナルプリズムアワード(*2)を受賞した企業の事例についてもお話いただきます。

また、終了後、同会場でネットワーキングタイム(懇親の場)が予定されています。参加費は無料ですので、ぜひご出席ください。

コーチはもちろんのこと、コーチングにご興味のある方のご参加をお待ちしております。
ご参加された方には、CCE、継続コーチ専門教育(Continuing Coach Education)が4単位発行されます。

*1)国際コーチ連盟(ICF)は、世界138カ国、31,490人(2019年9月現在)が会員として所属する世界最大規模のコーチング団体です。ICFの会員であること、またICFの資格保持者はプロコーチとしての信頼に直結すると世界で認識されるに至ります。国際コーチ連盟日本支部(ICFJ)はその支部として、ボランティアベースで運営されています。
*2)組織内に戦略的にコーチングを取り入れ、目覚ましい成果を出した企業や団体に毎年ICFから贈られる賞です。


Official sponsors

  • 株式会社 ピーコス
  • 株式会社 コーフク
  • 株式会社 ハビングループ
  • 株式会社 三慶商事
  • 株式会社 物語コーポレーション
  • 株式会社 アスカグループ
  • 株式会社 三楽



開催概要

【日時】 2019年11月16日(土)13:30 – 17:30(開場13:00)
【場所】 御茶ノ水ソラシティアカデミア5階 お茶の水教育カレッジ
【定員】150名(先着順)
【内容】
・オープニング・スピーチ(10分)
ICF日本支部代表理事、紫藤由美子からご挨拶

・基調講演&ディスカッション(90分)

『AI時代のコーチングとは』
Dongshuo Li(ドングショー・リー)氏  UMU創設者/CEO


<休憩(20分)>

・ICFストラテジックディレクターによる事例紹介(70分)


『コーチング文化を企業で醸成することの意義は? ―ICFプリズムアワード受賞事例の紹介ー』
Fiona Toy(フィオナ・トイ)氏 ICFアジアパシフィック地区ストラテジック・ディレクター

・ICFJ理事&運営委員によるICFJの活動紹介(20分)
『ICFJがもたらす価値とは』
ICF日本支部理事 田中智子、ICF日本支部運営委員 田中裕子

・全体での学びの共有(20分)
・クロージング(10分)

<終了17:30>

17:45分より
・ネットワーキングタイム(45分) 参加費無料

申込み方法

下記予約サイトからお申込みを受け付けております。
お支払いはクレジットカード、PayPal、またはコンビニエンスストアでのお支払いをお選びいただけます。


なお、この機会に国際コーチ連盟日本支部の会員及びアソシエイツになられる方はこちらをご参照ください。
国際コーチ連盟日本支部の会員になる

皆様のご支援、よろしくお願いいたします。

登壇者のプロフィール

■Dongshuo Li(ドングショー・リー)氏
UMU(ユーム)創業者&CEO

HP、LG、Googleを経て、ラーニングプラットフォームを提供する企業、UMUを創業。シックスシグマブラックベルトトレーナーであり、2013年のトップGoogle Management Awardを受賞。人材育成における世界最大のカンファレンスであるATDにも登壇するなど、インターネット時代の教育・トレーニング業界の革新に力を注いでいる。
ドングショー・リーさんからのビデオメッセージです。

■Fiona Toy(フィオナ・トイ)氏
ICFアジアパシフィック地域、リージョナルストラテジック・ディレクター

5,000人弱のICFメンバーシップを抱える極東、東南アジア、オセアニア地域で、ICFとプロのコーチングの継続的な成長をサポートするために活動を行っている。
普段は、オーストラリアのシドニーを拠点に活動している。彼女は非営利、中小企業セクターでの協会およびイベント管理の専門家であり、音楽および映画業界での幅広い専門的経験も積んでいる。

CREATE AN INTERNATIONAL STANDARD OF COACHING

ICFジャパンの会員・パートナー様向けの情報提供メールから、会員・パートナー様限定情報を除いたICFジャパンからの情報をメールマガジン形式でお送りしています。