資格申請の提出書類(スクリプト)の要件の変更

Transcript Requirement Changes
(English follows Japanese.)

ICFは実技の資格認定評価過程の設定に対し、より公平性と整合性を確保することに取り組んでいます。このため、下記の資格申請者の翻訳スクリプトの提出形式の要件を改善しました。

  • ACC ACSTHパス
  • ACC ポートフォリオパス
  • PCC ACSTHパス
  • PCC ポートフォリオパス
  • MCC(全員)

現在の実技評価の翻訳スクリプトの提出要件は以下の通りです。

  • スクリプトは行われたコーチングセッションを会話のまま一字一句話した通りに記録しする
  • スクリプトはコーチングセッションでコーチとクライアントの間で行われた会話の単語を全て一字一句含まなければならない
  • スクリプトの読み手(評価者)に、会話の行われている時点で、誰が話しているか(コーチかクライアントか)がわかるようにしなければならない
  • スクリプトは録音と同じ言語にしなければならない。ICFが同言語で評価しない場合は、英語の翻訳スクリプトを提出する
  • スクリプトはPDF、MS Word、またはそれに類似するフォーマットで提出する

2020年7月1日正午(ニューヨーク時間)より、実技評価の提出は以下の要件が適用されます。

  • スクリプトは行われたコーチングセッションを会話のまま一字一句話した通りに記録しする
  • スクリプトは会話において常に誰が話しているか(コーチかクライアントか)を記載しなければならない。スクリプトにはコーチの会話とクライアントの会話は改行して記載する。
  • スクリプトは話し手が変わるたびに始まりからの時刻を含まなければならない(コーチもクライアントも)
  • スクリプトは録音と同じ言語にしなければならない。ICFが同言語で評価しない場合は、録音の言語のスクリプトと英語の翻訳スクリプトを提出する
  • スクリプトは.DOCと.DOCXまたはワードに類似したフォーマットで提出する。PDFで提出されたスクリプトは受理しない

セッションのスクリプトの要件の改善によって、ICFの資格をコーチングのプロフェッショナルとしてのゴールドスタンダード(高い基準)として位置付けることへ、継続的に行うことを約束し、実証して行きます。

Transcript Requirement Changes

ICF is committed to ensuring fairness and integrity in our review process for credentialing performance evaluations. To this end, we are refining our existing transcript format requirements for credentialing candidates on the following pathways:

  • ACC ACSTH
  • ACC Portfolio
  • PCC ACSTH
  • PCC Portfolio
  • MCC

Currently, transcripts submitted for performance evaluations are subject to the following requirements:

  • Transcript(s) must be a verbatim, written word-for-word record of the coaching session(s) submitted.
  • Transcripts should include the full word-for-word conversation that took place between the coach and client during the coaching session.
  • A reader of the transcript should be able to see who was speaking (the coach or the client) at any given time in the conversation.
  • Transcripts need to be in the same language used in your recording. If ICF does not offer performance evaluations in your language, then an English transcript must be provided.
  • Transcripts must be provided in PDF, MS Word, or a similar format.

Beginning July 1, 2020, at 12 Noon (New York), transcripts submitted for performance evaluations will be subject to the following requirements:

  • Transcript(s) must be a verbatim, written word-for-word record of the coaching session(s) submitted.
  • The transcript must indicate who is speaking—the coach or the client—at any time in the conversation. The transcript must list the coach’s statements and the client’s statements on separate lines.
  • The transcript must include timestamps at every change in speaker (coach and client).
  • Transcripts need to be in the same language used in your recording. If ICF does not offer a performance evaluation in your language, you will need to submit a transcript with the language used in your recording and with an English translation of the transcript.
  • Transcripts must be provided in .DOC, .DOCX or similar word processing file format. Transcripts provided in PDF format cannot be accepted.

By refining our requirements for session transcripts, we’re demonstrating our continued commitment to positioning the ICF Credential as the gold standard for the coaching profession.

CREATE AN INTERNATIONAL STANDARD OF COACHING

ICFジャパンの会員・パートナー様向けの情報提供メールから、会員・パートナー様限定情報を除いたICFジャパンからの情報をメールマガジン形式でお送りしています。